宅配食材の高い信頼度

有機野菜の定義がわかったところで、無農薬野菜との違いが少しでもわかると思います。

スポンサードリンク

無農薬野菜というのは読んで字のごとくですが、無農薬である証拠みたいなものとして、生産者の方は今までの栽培の記録にもとづいて「無農薬」と立証するのが厳密に言えば無農薬野菜と言えます。
ですので、宅配システムの食材を利用するときは食材が無農薬なのか有機なのかなんとなくイメージで利用するのではなく、少しでも違いを知っておくと良いでしょう。
食材を宅配してくれるといったこと自体に魅力を感じている方は有機であろうと無農薬であろうとそこまで気にしないかもしれませんが、食材が作られる過程をも気にする人にとっては大事な差かもしれませんね。
特に有機=無農薬と思っていた方は今後の参考にしてみてください。今の世の中、適量以上の農薬が使われていてスーパーから食材が回収されてしまう事件や、消費期限、使いまわしなどの様々な問題が起こっていますが、食の安全はもはや人任せにしてはいけないということを一人一人が認識していかなくてはならないのかもしれませんね。
ずっと信じ続けてきた食の安全が怪しくなっている以上は、自分の口に入れるものくらいの情報や知識はちゃんと知っておかなければいけませんね。
ですのでこういった信頼性の高い食材の宅配システムを利用している方が増えているのでしょう。

また、食べ物には鮮度や消費期限、賞味期限があります。
私たちが食べ物を買う際に選ぶ基準として大事な項目でもありますよね。
そして、鮮度については鮮度が高い食材ほどおいしい、食材そのものの味があふれているというのは言うまでもありません。最近では賞味期限の問題も色々とありますが、賞味期限と消費期限の違いはどういうところなのでしょうか。
賞味期限というのは主に加工食品、つまり缶詰やスナック菓子に設けられています。
この期限を過ぎたら腐ってしまうということではなく、食べられるのですが、ただ「おいしくない」と言うことが賞味期限との境目です。あまりにも半年ですとか一年過ぎてしまっているものに関しては品質上にも問題があるかと思いますが、一日や二日過ぎて悪くなってしまうという基準ではないようです。
では逆に消費期限はその期日までに食べないと品質は保障されないという期日になりますので、注意する必要があります。
期日を過ぎてしまった食材は安全ではないですよ、と言っている日にちなのです。
よくありがちなのが、牛乳の消費期限が一日過ぎただけだったので、飲んだらおなかを壊してしまった・・ということを聞きますが、一日だから大丈夫という根拠のない安全を信じるよりも期日をしっかり守ってその期日内までに消費するのがベストです。
鮮度で言えば宅配での食材や産地品を頼むと非常に鮮度の良い食材が届きますよね。
今は生ものも宅配できるようになっていますが、鮮度が高いうちに食べてしまったほうが、味や品質にがっかりすることがないので、届いたらさっそくいただきましょう。

みなさんも自分の食事を見直し、より良いものを、そして安全なものを食べて健康維持に努めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

食材宅配のメリット・デメリット
レシピを考えてくれて必要分だけの食材を宅配してくれる便利なシステムも今の世の中に......
宅配の食材ってどういうもの?
まずは宅配される食材はどのような感じで届けられるのだろうか、味はどうなのだろうか......
調理済みの宅配
食材を宅配してくれるのはいいけど、食材だけではなくて、すぐ調理できるように必要分......
健康のための宅配食材
日々の食生活の中で気を使っていることはなんですか?今は老若男女関係なく食生活に気......
食材の宅配システムを比較する
食材の宅配システムに興味はあるけれど、調べてみたらたくさんありすぎて迷ってしまう......
健康を考えた宅配食材
食べるものが豊富になった現代では食生活の乱れにより病気にかかる人が年々増え続けて......
宅配食材のオプション品
宅配の食材では色々なものを頼むことができます。......

▲このページのトップへ